れいんの雑記

アニメ、ゲーム、音楽がメインの雑記ブログ(たまに投資や映画)

コードギアス劇場3部作と新作について思うこと

先日コードギアス復活のルルーシュの劇場予告編第一弾が発表されましね。

youtu.be



これを機に僕もいい機会だと思い、コードギアスの劇場3部作を三連休で一気見しました。
そしてその一気見したときに思ったことをつらつらーっと書いていこうと思います。


まず全体の感想として6時間強で合計8クールの作品をよくまとめたなーって素直に感心しちゃいました。

新規カットでアニメ版で見られなかったところを丁寧に補完し(一期のラストシーン後等)かといいつつも大筋のストーリーにあまり関与していない場所は大胆にカットされいてこうまとめるかーって思いながら見てました。

まぁ個人的に紅蓮可翔式のドッキングシーンどころか可翔式が全カットされいたのは悲しかったけどね。あのドッキングシーンでモニターにウインドウがすごい勢いで開くシーン大好きなんだけどなぁ...わかる人いない?

本題に戻ります。この大胆なカットは劇場3部作ではアニメを見ている人前提で作られているなぁと感じました。新規の方が見ても分かるようにはなっているけど細かい所が描写されていないので。

また亡国のアキトを意識してかユーロピアのこともちょいちょい挟んでいましたね。本当にちょいちょいですが。ちょいちょいどころちょっぴりか。


アニメ版と比べて

テレビで放送されたものと今回の映画を比べるとやっぱりアニメ版のがいいかなーって僕は思いました。

テレビ版の方がコードギアス特有の引きがあって魅力的だしなにより内容が濃いですからね。8クールやってるんで当たり前ですけど。

後声優の演技もアニメ版のが僕は好きです。といっても声のプロフェッショナルの方々なのであまり変わりはありませんでした。結構な時間が経っているといのに声優って本当すごいです。

ただダモクレス戦のアルビオンVS聖天八極式のスザクとカレンの言い合いはもっと感情が露わになった意見のぶつかり合いにしてほしかったなぁなんて。スザクの「組織に入るしか出来なかった者はどうなる!」みたいな台詞はアニメ版のが圧倒的に好きです。

後何かシャーリー生きてた。シャーリーの死って結構大事な場面だと思うんだけどオレンジ卿がギアスキャンセラーして「知らないふりしてます!」で終わるのは衝撃的だった。シャーリーが死ななかった以上新作では重要なキャラになってくるのかぁ...そうでなかったら生存ルートにした意味がないんで映画で注目するキャラの1人ですね。


新作映画に期待すること
 
コードギアスはアニメがめちゃくちゃきれいにまとまっているので正直映画いらなくねって思ってます。最近のデジモンしかりエウレカしかり復活するのは嬉しいことなんですが復活するだけで過去の遺産を食い潰すようなことしかしてない...というかバンダイがただ儲けてるようにしか見えないのでそうならないようにしてほしいなぁ...

まさにスザクが予告で言ってた「奪ったな...ルルーシュが作った平和を...!!」って感じです。俺にはこんな企画立てた奴等に向けた皮肉にも聞こえました。

でも復活した分コードギアスらしい演出と面白さを凝縮した映画にしてほしいですね。面白いアニメしか作らない谷口監督を俺は信じます!アニメ版まででよかったなんて言われない作品が出てくるって信じてる!

後1月の新作も期待してます。谷口監督の新作ってんならそりゃあ見ないわけにはいかないでしょ!ねぇ!