新卒のレインのポイ活雑記

アニメ、ゲーム、音楽がメインの雑記ブログ(たまに投資や映画)

【新卒日記】歓迎会を乗り越えた男。二次会を断る方法とは〜

 

https://cdn.pixabay.com/photo/2012/10/20/06/27/the-customary-62252_1280.jpg

 

 

どうもレイン(@S45077801)です!

僕は今無事に4月1日からの長い長い一週間を終えて、優雅に土曜日を過ごしております。他の新卒の皆さまはこの終わりの始まりの一週間どうだったでしょうか?
僕は非常に疲れたと共に早く気兼ねない自由を手に入れたいなと思いました。

 

さてさて話は少し代わり昨日は金曜日でしたね。

週末ということもあり、僕たち新卒の為に歓迎会を行ってくれた会社も多いのではないでしょうか?

歓迎してくれるのは嬉しいのですが、一週間右も左も分からないところで仕事をし、やっと休みが来ると思ったらまた年上の方々との飲み会

これもう実質残業だろ。

僕はそう感じました。

飲み会の席で一気に仲良くなって仕事しやすくするというった考え方の人もいると思いますけど、僕の場合は自由の時間がそれ以上に魅力的に感じているので拘束時間が増えるのはまっぴらゴメンなんです。二次会とかありえないのです。

確かに飲み会の席でしか、聞けない貴重な話なんかもあると思います。

 

ただそれでも俺は自由が欲しいんや...!!

 

空を自由に羽ばたく鳥のように生きたいんや...!!(急なポエム)

 

って感じの考え方なので僕は。

今回はガイ先生やロック・リーのごとく自分のルールをもって歓迎会に臨みました。

 

 

 

 

自分ルールその1.帰宅時間を決めておく

 

人生がうまくいく人の断る力

 

この時間に帰れるようにしたいなという時間を今回僕は前もって決めてから歓迎会に臨みました。

普段の友人達との飲み会とかは終電が終わろうが朝が来ようが関係ありませんが、今回は気心しれた人達と飲むわけではないので自分の決めた時間まではちゃんと過ごし、二次会、三次会には「明日も予定がある」等の適当な理由をつけて17時のチャイムが鳴った小学生のごとく帰宅しましょう。一次会なり二次会までと自分の許容範囲内を決めておけば、しっかりと断れます。今のうちにキッパリと断れる人間だということを社内の人にイメージ付けておくことで辞めるときもスパッと辞められるであろう高等テクニックです。

 

自分ルールその2.酒に酔わず雰囲気に酔う

 

自分に酔う人、酔わない人 (PHP新書)

 

めっちゃシンプルなルール。お酒をガバガバ飲んで普通に酔ってしまうと判断力が鈍って歓迎会が終わった後の予定が乱れたりするので、僕はこの会の雰囲気に酔うことにしました。結局「酔う」ことに変わりはないのですが酒と雰囲気ではワケが違います。やっぱりお酒の席なので普段より口下手な人や接さない人とも会話することになるのでそういったところで日常よりも話をすることで、お酒の席を楽しむ。そういった雰囲気に酔って過ごしました。そして最後は自分ルール1で決めた帰宅時間付近でお店を出た時にキッパリ次の店を断ると。いう寸法です。

 

 

まとめ

 

歓迎会ということで僕達新卒のために開いてもらっている会なので、楽しくお酒を飲むためにも、その後の自分の時間の確保のためにも自分で決めたルールを守りながら過ごすといいかもしれません。飲みすぎて二日酔いとか嫌だしね!!

 

それでは今回はこのへんで〜

 

 

 

人生がうまくいく人の断る力

人生がうまくいく人の断る力

  • 作者: ジェームズ・アルタッカー,クローディア・アズーラ・アルタッカー,石田久二
  • 出版社/メーカー: アチーブメント出版
  • 発売日: 2016/06/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る